八溝の家とは
line
photo 職人材料にこだわる健康住宅\\\\\\
line
<BACKNEXT>
「八溝の家」の外断熱工法は、高い断熱効率で結露がおきにくい!

柱の外側に断熱材(発砲ポリスチレンフォーム)を使用することにより、骨組みまでもおおう事になりますので、湿気に強く、しかも外気の温熱環境の影響を受けにくい構造となります。さらにベタ基礎にも施工する事で床下も湿気から守ります。

従来の内断熱工法
内断熱構造 柱・間柱のまわりに隙ができやすく熱が逃げ出してしまう。さらにコンセントや筋違いの部分は、断熱材が薄くなってしまうという欠点もある。
●柱や間柱は、外気の影響を受けやすく湿気に弱いため、腐朽しやすく、
寿命の短い住宅となる。

八溝の家の外断熱工法
外断熱構造スタイロフォーム基礎断熱

周りを覆う構造で熱を逃さず、外気からの温熱環境の影響も少ない。

POINT!

断熱層が柱や梁などの構造体よりも外側にあるため壁体内結露が発生する恐れがほとんどない。
結露から生ずるカビ、そのカビを餌にするダニの発生を抑えられる。
カビ・ダニが原因の喘息アトピー性皮膚炎の心配が少なく家族が健康に。
優れた断熱性能で省エネ住宅を実現。冷暖房コスト節約。
超寿命の構造体は資源の有効活用・建築廃材削減
熱損失の少ない全熱交換の24時間換気システムで常に新鮮な空気をお部屋へ。
部屋間の温度差が少なく、

ヒートショック
を軽減できる子供・高齢者に優しい家。
廊下やトイレも冬暖かく夏涼しい家、受験生や育児(特に乳児)に最適。
外断熱工法だからできるこんな空間!

屋根裏、床下、壁の中など断熱材の内側すべてが利用できる大収納空間。

屋根裏ロフト 高床収納


省エネ住宅なので大開放の吹き抜けやリビングアクセス階段が可能。

リビングに設けた大開放の吹き抜け リビングアクセス階段
line
<BACKNEXT>