八溝の家とは
line
photo 職人材料にこだわる健康住宅\\\\\\
line
<BACKNEXT>

【材料にこだわる健康住宅】

八溝山は標高1,022mの茨城県内最高峰の山です。久慈川はここを源流としています。8合目にある湧水(八溝湧水群)群は、日本名水100選にも選ばれています。

八溝山系は茨城県北部に位置する、大子町・里美村・美和村地域を中心とした区域及び周辺区域に広がる山脈。茨城の恵まれた自然の中で育った木は、住宅の建築材として最高級の品質を誇っています。

茨城県
八溝杉 葉枯らし乾燥
■国・県・村有林 ■葉枯らし乾燥
葉枯らし乾燥とは、伐採後、枝葉を付けたまま一定期間、山の中で寝かせ、黄変または赤変して枯れるまで自然乾燥させるものです。葉をつけたままなので効果的に水分が抜けます。また、全体の水分分布を均一化することでワレ・クルイ・ソリの少ない木材が提供できること、材の色艶を良くすること、軽量化し運搬費のコストダウンをはかることなど、さまざまな利点があります。

自然素材を利用した健康住宅
シックハウス症候群やアトピー、アレルギーの原因となる化学物質を含まない安全・安心な素材です。ムク材を使うことにより、今日、社会問題化しているシックハウス症候群の原因物質とされているホルムアルデヒド・キシレン等の揮発性有機化合物から、空気を汚さない安全な住まいを目指します。

杉ムク板トビラ

畳比較(右:一般によく使われているスタイロ畳)

(左:八溝の家で使用する「国産乾燥わら床畳」防虫防腐加工していない安全な畳)

ナラムク床板 厚15mm

杉ムクからっとボード\\\\\\
杉ムクからっとボード 厚10mm/腰壁等に使用します。
桧ムクからっとボード\\\\\\
桧ムクからっとボード 厚11mm/腰壁等に使用します。
杉ムク床板ブラスト加工
杉ムク床板ブラスト加工 厚15mm
桧ムク縁甲板
桧ムク縁甲板 厚15mm/和室の板の間等に使用。
杉ムク天井板 杉ムク耐圧盤
杉ムク天井板 厚11mm

和室の天井に使用します。

杉ムク耐圧盤 厚27mm

床下・屋根下に張り詰め、水平剛性を高め耐震性を向上させます。

東リ エコウォール WR6043 ドライウォール工法
日本初のエコマーク取得壁紙。塩ビを使わずに再生紙を使い、RAL基準およびSV規格に合格した健康壁紙。
呼吸し、温度を調節する漆喰系の壁工法。仕上げには有機溶剤ゼロの水性ペイント「新世界」を使用します。
壁紙用接着剤「ルーアマイルド」

ヤヨイ化学工業(株)

でん粉を主成分とした化学物質発生ゼロの壁紙用接着剤。

オスモ 自然塗料

植物油をベースとした自然塗料。

室内環境対応形水系塗料「ノボクリーン」
大日本塗料株式会社

有機溶剤をゼロにした、人と地球にやさしい新世紀の室内塗料で、従来のエマルション塗料のような特有なにおいがありません。

未晒し蜜ロウワックス

密ロウとゴマ油から使った100%自然素材の無漂白ワックス。小さなお子様にも安心。

着色剤「VATON(バトン)」

大谷塗料株式会社

トルエン・キシレン・ホルマリンを含まない塗料「バトン」は木材の耐久性を向上させ、木材が本来もっている木目、柔らかさ等の美しさを強調し、表現します。

line
<BACKNEXT>